iPhone ガジェット

【スペック比較】Apple Watch Series 6 vs Apple Watch SE

2020-09-16

Appleは、Apple Watch Series 6とApple Watch SEを9月18日に発売することを発表しました。

Apple Watch Series 6は、4つのLEDクラスタとフォトダイオードにより、血中酸素濃度が計測可能になりました。
プロセッサは64bitデュアルコアの「S6 SiP」となり、Series 5に搭載された「S5 SiP」より最大で20%高速化しています。価格は42,800円(税別)からとなっています。

このほかApple Watch SEが新たに用意されました。
一世代前の「5 SiP」が搭載され、ディスプレイも常時表示ではなくなり、血中酸素濃度計測も非対応となっていますが、転倒検出やコンパス、常時計測の高度計といった機能は、Series 6と同等に備えています。価格は29,800円(税別)からとお求め安くなっています。

Apple Watch Series 5は販売終了し、Series 3は継続販売されます。

 Apple Watch
Series 6
Apple Watch
SE
Apple Watch
Series 3
ケースサイズ44mmまたは40mm44mmまたは40mm42mmまたは38mm
ディスプレイ常時表示RetinaディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイ
モデルGPS + Cellularモデル
GPSモデル
GPS + Cellularモデル
GPSモデル
GPSモデル
血中酸素
ウェルネスアプリ
対応--
高・低心拍数の通知対応対応対応
ファミリー共有設定対応対応-
耐水機能50メートルの耐水性能50メートルの耐水性能50メートルの耐水性能
価格
(税別)
42,800円から29,800円から19,800円から
Apple Watch Series 6 (GPSモデル) 40mm
Apple Watch SE (GPSモデル) 40mm
Apple Watch Series 3 (GPSモデル) 38mm

-iPhone, ガジェット

Copyright© Apple Magazine , 2020 All Rights Reserved.