iPhone ニュース

【WWDC 2020】iOS 14 の新機能

米Appleが6月22日(現地時間)、オンラインでの開催となった開発者向け会議「WWDC 2020」にて、iPhone向けの新OS「iOS 14」を発表しました。

デベロッパープレビューを同日に配布し、パブリックβを2020年7月に配布する予定です。一般ユーザー向けには2020年秋にリリースします。

iOS 14 アップデート対象のiPhone

iOS 14にアップデート対象は以下のとおりです。iPhone6s以降となり初代iPhone SE も対象となっています。またiPod touchでは最新版の第7世代のみが対象となっています。

  • iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
  • iPhone XS / XS Max / XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代, 第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iOS 14の新機能

ウィジェットをホーム画面に追加可能

iOSのウィジェットは、これまでホーム画面で右方向にスワイプしたページにしか配置できませんでしたが、iOS 14ではホーム画面に配置できるようになります。ウィジェットの一覧からドラッグすると設置可能なスペースが表示され、サイズの変更できます。時間帯ごとに最適なウィジェットを表示する機能もあります。

iPhone内のアプリを探しやすくする App Library

ホーム画面の最後のページに配置される特別な画面で、大量のアプリも自動でカテゴリー別のフォルダが並びます。App Libraryでは検索やサジェスト、頻繁に使うアプリは自動的に上位に並び、アプリを探すのが便利になります。

ホーム画面のページ数が多い場合は、一部のページのみを表示して、他は非表示として、すぐにApp Libraryにアクセスすることも可能です。

動画のピクチャーインピクチャー

動画コンテンツを好きなサイズに変更して、他のアプリの利用中に小さくウィンドウを表示することができるようになります。iPadOSに既にある機能ですが、iPhoneでも利用できるようになります。

ビデオウィンドウは指で簡単に移動したり、拡大縮小、一時停止再生、全画面化して元アプリに戻る等が可能です。

Siriや着信通知のコンパクト表示

これまでSiriを呼び出した時や、電話の着信時は通知が全画面を占領していました。

iOS 14からは、Siriは画面下にアイコンとして表示されるようになります。

着信の通知は画面上部にコンパクトに表示されます。電話以外にもSkypeなどのアプリにも対応します。

必要なときだけアプリを使うApp Clip

「App Clip」はアプリをインストールせずに、必要なときだけアプリの機能を利用可能にする機能です。店頭などに設置されたNFCタグやQRコードを経由して簡易的なアプリを起動することができます。自転車のレンタルやカフェでコーヒーを注文する際に、各サービスのApp Clipを立ち上げて決済をするシーンを想定しており、Apple Payで簡単に決済することができます。

オフラインでも使用できる翻訳機能

オフライン環境で翻訳をする機能が追加されます。iPhoneを横向きにすると、翻訳前と翻訳後の内容を確認することができます。

翻訳機能は11言語に対応しており日本語も含まれています。

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • 韓国語
  • アラビア語
  • ポルトガル語
  • ロシア語

マップアプリの自転車、EV向け推奨ルート機能

Mapsアプリに新しく、サイクリングルートと電気自動車の給電ポイントが追加されます。ショッピングスポットやレストランの情報なども分かりやすくなります。

自動車の鍵になる CarKey

CarKeyに対応する世界初の車は、この7月に発売となる2021年モデルの「BMW 5」シリーズです。iPhoneを自動車の鍵として利用することができます。認証にはiPhoneのFace IDまたはTouch IDを使用します。

-iPhone, ニュース

Copyright© Apple Magazine , 2020 All Rights Reserved.