Mac プログラミング

【プログラミング学習】WindowsよりもMacの方が良い理由

Webサービスやアプリ開発をしている会社では、WindowsよりもMacが使用されることが多いです。

もしエンジニアを目指している方は、Macを購入するところから始めるのがおすすめです。

この記事ではMacのメリットとデメリットについて解説します。

Macのメリット

MacはUnixベースのOS

Web系企業のサーバーはLinux系のサーバーであることがほとんどです。Windows系のサーバーが積極的に採用されることはほぼありません。

MacはUnixベースであるため、サーバーを操作するときとほぼ同じコマンドを使うことができます。

システム開発の現場ではMacが使われている

RubyやPython、Swiftのようなモダンな言語を使用しているWeb系企業では、ほとんどがMacを使用しています。

そのような職場で働きたい場合は、Macに慣れておくのが良いでしょう。

またプログラミング環境の構築で困った場合でも、ネットの情報も多く解決しやすいので、時間を浪費をしないためにも最初からMacを使うことをおすすめします。

MacはiOSアプリの開発ができる

Androidアプリは、WindowsでもMacでも開発できますが、iOSアプリはMacでしか開発できません。

iOSアプリの開発では、Xcodeという統合開発環境を使用する必要があります。これはMacのApp Storeから無料でダウンロードして使用することができます。

 

Macのデメリット

Macの操作に慣れが必要

これまでWindowsを使用してきた方は、Macの操作に最初は戸惑うかもしれません。

しかし使い始めるとタッチパッドの操作性が良かったり、画面がきれいなので、慣れれば快適に操作できるようになります。

MacはWindowsよりも価格が高い

開発の現場で使用されることの多いMacBook Proは価格が10万円以上と、Windowsのパソコンの購入と迷った場合に高く感じるかと思います。

しかし今後プログラミングを続けていく視点で考えれば、Macでの開発が必要なときがくるので、最初からMacではじめておくのが良いでしょう。

 

プログラミングにはMacがおすすめ

Macはシステム開発の現場で使用されているので、未経験からエンジニアとして働きたい場合にはMacの操作に慣れておくことは重要です。

Windowsよりも価格は高い傾向にありますが、ネットでの情報量や学習効率の観点から、最初からMacでプログラミングの勉強をはじめるのが良いでしょう。

 

 

-Mac, プログラミング

Copyright© Apple Magazine , 2021 All Rights Reserved.