Mac ニュース

【WWDC 2020】macOS 11.0 Big Sur(ビッグサー)を発表

米Appleが6月22日(現地時間)、オンラインでの開催となった開発者向け会議「WWDC 2020」にて、Mac向け新OS「macOS 11.0 Big Sur(ビッグサー)」を発表しました。

開発者向けには同日から、一般向けには7月からβ(ベータ)テストを開始し、2020年秋に無料更新プログラムとして製品版が配信される予定です。

macOS Big Sur 対応のMac

  • MacBook:2015年モデル以降
  • MacBook Air:2013年モデル以降
  • MacBook Pro:2013年後半モデル(Late 2013)以降
  • Mac mini:2014年モデル以降
  • iMac:2014年モデル以降
  • iMac Pro:全モデル
  • Mac Pro:2013年モデル以降

 

mac OS 11.0 Big Sur の概要

Big Surは、Appleにとって「Mac OS X」の登場以来となる大きなアップデートと位置付けられており、これまでのOS 10から繰り上がり、OS 11となります。

UIの改良

Dockのアイコンや、コントロールセンター、通知センターは、iOS・iPadOSとデザイン面の統一が行われ、通知センターに表示できるウィジェットも機能を拡充しています。

Safariの改良

JavaScriptの実行エンジンが高速化されて、サイトの表示速度は「Google Chrome」と比べて50%高速になります。

またタブを一新しており、デフォルトでFavicon(サイトが設定したアイコン)が表示されるようになった他、タブの上にマウスポインターを置くとページのプレビューを確認できるようになりました。

アプリの起動時に表示されるスタートページもカスタマイズできるようになり、背景を設定できるようになりました。またSafariへの拡張機能(Extensions)の強化も図られ、App Store経由でダウンロードできるようになります。

その他、プライバシーレポートも強化されており、Webサイトに組み込まれたサイトをまたぐトラッカー(行動解析用のCookie)を一覧する機能や、拡張機能のオン/オフを気軽に切り替えられる機能も備えています。

メッセージの改良

検索機能が改良されて、添付された画像などの検索がしやすくなります。その他にもお気に入りの会話を一番上にピン止めする機能、Memojiの作成機能、バルーンや紙吹雪効果を追加する機能などが追加されます。

マップの改良

スポットの案内表示機能が追加されたり、目的地の360度ビューを確認できる Look Around 機能、電気自動車(EV)や自転車での移動に最適化されたルート案内、Mac上で作成したルート案内をiPhoneに送信する機能などが追加されます。

 

-Mac, ニュース

Copyright© Apple Magazine , 2020 All Rights Reserved.